Cp.2「悪いことは重なるものだ」




愛子駅に到着しました。ところどころ雪が残ってますが、まあ大丈夫だろうと。






時間的にも余裕を持たせているつもりなので、楽しみつつ行きましょう。






予定では、行きはキテレツな道をっていう予定でしたね。あれはあれで楽しそうということで、無理矢理に決行することになったのですが・・・・・・






力入ってますね。いいと思います。(笑)






ま、あのヒッチハイクの旅を超えるような苦痛を味わうことはないでしょうし、何よりもゴールが見えてる時点で何も辛くないと僕は思っているので・・・(笑)

この道を進めば、いつか辿り着ける!!っていう確証があれば精神的にも持ちこたえられるんですよ。そうじゃない場合が最悪なんですよ。いやほんとまじで。






ということで、駅前まできました。観光地とは思えないほどの静けさですね。
まあ、普通の人は仙台から秋保温泉に行くので、ぶっちゃけこの愛子はそんな使わないんですけどね・・・(・∀・;)






フォントにも手が込んである・・・。






ということで、いざ自転車を組み立てます!!いぇーい!!!!
近くで子供がすっごいはしゃいでました。おもしろいですね。(笑)


・・・・・・


・・・あれ・・・・・・
ペダルがはまんねえ・・・・・・。






他は全部上手くいったんですが、ペダルだけ妙にてこずりまして・・・。
回す方向を間違えたか・・・?とか思いながら、無理矢理ねじ込んだら、途中で回らなくなったんですよ。






ちゃんと入ってないんですよね、これ・・・。
ちょっとグラつくし、でもかといってこれ以上奥に行かないし・・・・・・。






片方だけじゃなく、両方こんな感じなんですよね。
心配だなあ・・・・・・。まあ、しょうがないか・・・・・・。


ということで、若干の不安を残しつつ出発!!!!



・・・・・・が、50mほど進んだところでペダル落下。






渾身の力で嵌め直す。それでも完全に嵌らない。


この時点で既に嫌な予感はしており、不穏な空気が流れます。が、近くに自転車屋さんなどないらしいので、諦めてこのままなんとかする方向で。






・・・が、今度は逆のペダル落下。


・・・もうこれ、ヤバいやつや・・・と確信しました。安物だしなあ・・・・・・(-ω-`;)


しかも、もう一度はめ込もうとしたら、なんとペダルが嵌らない・・・・・・!!!



・・・・・・お、終わった・・・・・・!!開始100mにしてサイクリングが終わってしまった・・・・・・!!!!






でも、ここまで来てそんなオチとか悲しすぎるので認めたくなかった。ので
例え片足だけになっても前に進むことに。ろんぐさん、漢です・・・!何があっても決して諦めない・・・!()






さて、なだらかな上り坂になって参りました。ペダルが片足しかない状態でこれはなかなか辛い・・・!
何せ進むスピードがハンパなく遅い・・・!






ところで、右手側になんか面白そうな建物が見えたんですね。
なんなんだろう、ここ・・・。まあ、寄り道してる余裕なんてないしなあ。






なるほど、教会ですって。






随分とアバウトな感じにしか道を把握してなかったのですが、下調べした時に見たストリートビューの空気からすると、大体こんな感じのところで曲がったら良いのだろうか・・・?と。
ま、ちょっと面白そうですし、ある程度進んでまたGPSで正解を調べればいいかな、と。大事なのは現在位置を知ることですしね(・∀・)

・・・・・・が、なかなか渡れない。片側車線の車が途切れたかと思えば、反対方向からやってくる。よくある嫌がらせですね。


ただ、この状況であんまり信号まで引き返すとかやりたくなかったので、我慢強く待ちます←






渡れましたので、先に進みます。こういう意味わかんない道ってなんだかドキドキしますね。



・・・・・・で、進んでいくと、またペダルが落ちました。()






ハメます。



・・・・・・。



すぐ落ちた。



・・・・・・。



あー・・・これもうムリだな、うん。






ただ、諦めの悪いろんぐさんは、ペダルの代わりにその辺の木の枝を突っ込むことを考えましたが、実際突っ込んでみたらかなり簡単に折れちゃったので、これはもう諦めるしかないと、とぼとぼ帰ることに。


まじでここに何しにきたんだろう・・・・・・。()






で、結局何が原因でこんなことになったのかといいますと・・・。






この・・・なんていうんですかね。調べてもよく分かんなかったので正式名称はわかんないんですが・・・この、ねじとかみ合わせる部分あるじゃないですか。わかりますよね。これがつぶれちゃったみたいなんです。
そんなに無茶苦茶に触った記憶はないんですが・・・まあ、安物ですしね。そんなもんなんでしょう。手抜きしやがって・・・。ということで、皆さんドッペルギャンガーはやめておきましょう。すぐ壊れます。(何)






仕方ないから帰るか・・・と、とぼとぼあるいていると、突然誰かから声をかけられました。
ん・・・?なんだろう・・・?と、思っていると・・・・・・


警官「あのー、すみませんがこの辺りで不審者がいるとの通報が入りまして・・・・・・」

俺「????????」



どういうワケかわかりませんが、
近隣住民が私を不審者として通報していたらしい。
私はまじで何のことかさっぱり分からなかったんですが、ぶっ壊れた自転車と共にテキトーに写真撮ってただけだぞ!?なんなんだ!?!?と。人違いじゃないのか!?
でも、目撃情報としては、オレンジ色の自転車・・・とのことで。確かにそんなのは私しかいないなと。
いくら私がブサメンと言っても、そこまで犯罪者顔してないよな・・・。

まあね、確かにね、
「お前、絶対将来性犯罪者になりそう」って言われたことはありますけどね?でもそんなのは冗談の域を超えないワケじゃないですか。僕はまだ性犯罪を犯したことなんてないですよ。みーちゃんにセクハラまがいなことした気もするけど


話を聞いていると、なんでも小学生の下校時間と被ったのがマズかったらしい。
最近の親御さんて妙に神経質ですからね。逆にこっちが気持ち悪いわ・・・・・・(汗)

でまあ、軽く取調べを受けました。正直そんなくだらねーことで通報してくれるなよって思ってちょっとイラっとしましたが、まあしょうがない・・・・・・。
別に写真撮るぐらいいいじゃん・・・めんどくさいなあもう\(^o^)/
ほんと最近の親は神経質で困りますな・・・(-ω-`;)ぼくちん旅行できてるだけなんだけど・・・()






まあ、当然のことながら私は無罪なので、デジカメに撮った写真とか見せて開放してもらいました。






しっかし、せっかくこんなとこまで来たのに、自転車はぶっ壊れるわ警察には捕まるわで、ほんとここに何しにきたんだよwwwwwって思うと逆に妙にテンション上がってきちゃいました。
まあ、これはこれでネタになるからいいんじゃ・・・ないかな、うん。ポジティブに行こう。旅行中だもの。






とりあえず、こんなとこにいてもしょうがないので、仙台に戻ります。
腹いせにアイスを買って食べてみます。






こんなもの買いました。






おいしかったです。
ただ、いくら春といっても、東北はまだまだ寒く、食べながらちょっとだけ後悔してました^q^






ちょっとオシャレな感じのお店を見つけました。
こういう、地方にある小洒落た感じのお店って好きなんですよね。お金かかりそーであんま行けないんですけど(-ω-`;)






こう、線路に堂々と立てるのも地方駅ならではの楽しみです。






ということで、仙台に帰ってきました。






今の時刻は4時半辺りでして、予定よりも2時間半ぐらい早いですね。
こんな早くに帰ってきて結局何して時間つぶすのって話ですけど・・・・・・

まず、移動の足となるはずの自転車が使い物にならなくなってしまったので、その修理を考えます。
幸い、仙台は大都会なので、自転車ショップなど探せばいくらでもあります。
まずはそこに向かい、費用がどれくらいかかるのか聞いてみたいなと。2000円ぐらいなら出してもいいかな・・・と。
もともと金をケチるための旅行だったんだけどなあ・・・。なんでこう、無駄な出費を・・・・・・。






そんなことを思いつつ、地下通路を発見。入ってみます。






うぉっスゲぇ・・・Σ(゚□゚ )


これは心踊りますね!!(笑)






マップを見つつ、目指したのは"ハヤサカサイクル"というお店です。
ビル全体が自転車屋さんっていう謳い文句を見て、一番手際良さそうだなーって思いました。






でまあ、ここをちょっと進んだところにあるのが、そのハヤサカサイクルというお店です。
私が想像していたものよりだいぶ小規模で・・・まあ、確かにビル丸ごと占拠してるけどさ・・・もっと、ホームセンターみたいなの想像してた・・・。(笑)






で、結果から言いますと、やっぱりどう足掻いても、私が考えていた条件での自転車の修理は無理なようなんですよね。
まず時間の時点でも無理でして、パーツを取り寄せるという形になるため、修理には1週間ほどの時間がかかるみたいなんですよね。
もちろん、そんなに待てるハズがありません。この時点でもう無理なんですね。

また、お値段の方も、パーツの値段が大体5000円とか言われて「ファッ!?」ってなりました。
工費とかも大体全部合わせて1万円は行かないでしょうが、そのくらいはしますねー・・・みたいな話で・・・。






これはもう、諦めるしかないなと思い、ここで私は
自転車を捨てることを決意しました。






こういうことすると、不法投棄とかでアレなんですけど、要するにアレじゃん?放置自転車として勝手に持って行ってもらったらいいってことじゃん。
別に防犯登録とかしてないし、持って行きたきゃ勝手にどうぞですし、それにこんなぶっ壊れた上にクソ重い自転車、持ち歩いてても何のメリットもないし。
帰って直そうにもそんな1万円とか取られるくらいなら原付買った方が絶対いいじゃん。






と、なんともポジティブな発想で自転車を捨てることにしました。市民のみなさんごめんなさい・・・(-ω-`;)

いや、ほんとはもっとちゃんとしたところに捨てたいんだけど、どこに捨てるべきかわかんないし、状況的にしょーがないじゃないですか・・・ねえ・・・?(汗)






ということで、これからどうするのかって話ですが・・・・・・


えっどうしよう。






何せ予定が完全に狂ってしまいました。
今日だけでなく明日以降の予定も、です。全て自転車ありきで考えていたため、その自転車を失った今完全に目的がなくなってしまった。






・・・ぐ、ぐぬぬ・・・・・・どうすべきか・・・・・・。






と、ここで一つ思い出したのが夜景の話です。






仙台駅近辺には、いくつか夜景を臨むポイントがありましてですね。
こーいうページなんですが、下調べの時もこれらの建物に訪れて夜景を見ようって話はあったんですね。






夜景ってのはもちろん、夜に見るから夜景なのであって、こんな夕方に見ても・・・と思うかも知れませんが、景色というのはいつどんな時間に見ても綺麗なものです。






ということで、日の入りの景色を見るため、こちら
AERにやってきました。






このAERは仙台駅に隣接しているのが特徴で、アクセスのしやすさがウリです。






最上階の31階にある展望室には、無料で出入りすることができます。
この従業員用エレベーターホールを使って行くことができます。案内にしたがっていけば、そんな迷うことはないです。






エレベーターは広く、そして早く、非常に快適です。






これ何人人が乗れるんでしょうね。デパートのエレベーターって感じです。雰囲気的に。まあAER自体もデパートみたいな感じしますけど・・・あ、ちょっと違うのかな。詳しいことはわかんないや。(笑)






でまあ、こんな風に31階を目指してるんですね。


31階についたら、道なりに進み、展望室に向かいますと・・・。






これが、仙台の景色です!!!






やー!すばらしいですね!!ってかこの高さからでも"わかさ生活"がちゃんと見えるのがすごい!(笑)
エキニアって横浜にもありますが、なんか親近感沸きますね。

この"Equinia"って造語だと思ってたんですが、ちゃんと意味あるんですって。馬鼻疽っていう・・・要するに・・・感染症、です・・・。ロバとかの・・・・・・(汗)


・・・・・・う、うーん・・・・・・。






僕、こういうのは写真に残すだけで実際、あの建物があれかー!とかはやらないタイプなんですけどね。(笑)
今回も例に漏れず、こうやって写真に残すだけで探したりはしてません・・・(・∀・)






もちろん、こういうロマンティックな場には当然のごとくカップルがいるものでして・・・・・・

目の前でイチャつきやがってね・・・・・・ああああああっ






まあ、僕に似たような目的で、ただ景色を撮りにきてるおっさんがいたのが唯一の救いでした。やっぱこーいうとこってハードル高いっすよほんと・・・。
早く彼女作ってラクになりたいですね、ええ。誰か付き合ってくれませんかねえー???()






とりあえず、色んなアングルで写真を撮ります。






ま、ステキな景色でしたね、と。






展望室は、ちょっと庭園チックな構造にもなっておりまして・・・。
雰囲気が妙に出てるんですよね。デートスポットにぴったりです。






星座についてもちょこっと触れられてますね。
まあ、夜じゃないので見えないんですけどね。

ちなみに夜になると光るらしいですよこいつ。






あとこの建物、ビミョーに隙間が空いていて、夜風をも楽しめるんだとかなんとか。






さて帰ろうかと思い、通路に出ましたら、どうやら反対側にも展望室があるようなので、そちらにも行くことに。






なんとなく撮った。ここ、結婚式場にも使えるんですってね。高層ビルでの結婚式というのもなかなかオツなものかなとか思うんですけどね。
ちなみに私はあんまり結婚式はやりたくないです・・・恥ずかしいし・・・呼ぶような知り合い全然いないし・・・(ぁ)






でまあ、こちらがアレですね。向かい側にあったっていう展望室ですね。
エレベーターホールでイチャついてるカップルを発見してしまったのですが、すごく腹立たしかったです。←
なんなんだよ、キスするのかと見せかけて俺の姿見て急に・・・なあ・・・?(ぁ)

まあ、東京タワーでキスしようとした私が言えたことじゃないんですけどね






繁華街の西口方面とは打って変わりまして・・・こちらは、純粋に建物が多いって感じでしょーか。






あるいは住宅街か・・・まあ、そんなところですね。






ただこーやって見下ろしてると意外と楽しいものでですね。






割といい景色だと思います。






こちらにもさっきと似たようなブツが置いてありますね。詳しくは見てないです。(笑)






ちなみに、こっちにもカップルがいました。高校生カップルでした。ガキはさっさと帰れよ

学力はそんな高そうじゃないなーとか勝手に思ってました。ちょっとよくない大人ですね。わたくし。(笑)






電車の路線ですかね。こーいうのを眺めるのもまたいいものですよね。
電車がやってくるのを見て、子供心におぉーってなったりもしました。(笑)






とかなんとか思いつつ、退散です。
エレベーターにさっき言ってたカップルが乗ってきた(ってかまだホールでイチャついてたのかよ・・・)のでちょっとイラっとしました(何)






さて、これからどうしようか・・・と思い、しょうがないし、電車を一本早めて早めにホテルに行くことにしました。やることもないですしね。






ただ、中途半端に時間が余ってるので、折角ですし東口の方にも行ってみようかなって思いました。






この写真にはないんですが、四谷学院のおなじみの「なんで私が、東大に。」みたいな広告あるじゃないですか。
そこにモデルとして写ってる慶大生がパッと見可愛かった気がして、じっくり見てみると意外とそーでもなかったみたいな、まじでどーでもいいエピソードがあります。(何)






東口は居酒屋が多いですね。パッと見の感じ。
こーいう雰囲気、どっかで見ましたね。新潟だったかな。免許合宿行ってた時の。






東口に来たからって特にやることとかないので、コンビニでスクウェアジャンプとか読んだりして時間潰してました(笑)






太陽光発電。数字だけ見えても何のことかさっぱりわからんですね(・∀・;)






18時43分、そろそろ電車に乗り込みましょう。





大体こんな感じに進む予定であります。長いですね・・・・・・(・∀・;)






仙台の駅弁というと、日本一の駅弁の種類を誇るんですってね。
僕は駅弁にはあまり興味がありませんので(高いし・・・)そこまで深くは取り上げないんですが、コレクターみたいな人にとっては聖地みたいなもんでしょーね。きっと。(笑)
そーいや駅弁って食べたことないんだよなー。折角だし食べようかなって思ったんだけど、値札見て食欲失せた・・・()





ちなみに、wikipediaの仙台駅のページ内の、駅弁の項の記述はこうなってます。
具体的に言うとこういうことなんですね。それにしても混沌としているってなんなんでしょうね・・・。(笑)






なんだか飲み物が飲みたいなー(・∀・)よし気分を盛り上げるために酒を買おう!!
どうせなら限定モノを買おう!ということで、とりあえず限定という文字がかかれてて、あんまり飲んだことなさそーな味をチョイスしたのがこちらです。
さーて、電車の中でゆっくりと飲むぞー^q^


と思い立ったまではよかったものの、次に自分が向かう電車が混むことを完全に想定しておらず、勝手にクロスシートの座席に一人で悠々と座り、景色を眺めながら酒を嗜むという妄想を完全に裏切られる形になりました\(^o^)/

考えればわかるのにね・・・仙台だよ・・・首都圏並の都会だよ・・・?(-ω-`;)相変わらずのバカっぷりです・・・


でも、酒が冷めるのもなんかイヤだったので、周囲の目を気にしながら飲み干したりしました。(笑)





が、暫く進んでいるとこの通り、人も少なくなってきました。






僕もほとんど寝てました。さすがにつかれたし。昨日全然寝れてないし。(笑)
てか結局自転車捨てることになるんだったら別にあんな苦労しなくてもよかったんじゃ・・・・・・()






そんなこんなで、一ノ関に到着です。
ここから北上まで行っちゃいます。






ワンマン列車も珍しくなくなってきました。感覚がマヒってきてますね。(笑)
田舎の旅も慣れたものです(`・ω・´)






全長550kmを超える東北本線ですが、ついにその末端区にまできましたね。
終点の盛岡まで残すところ50km程度で、あと12駅です。いやー、遂にきましたね!ええ。
ちなみに北上って言うともう岩手なんですってね。そこまできたかー!って感じです。ついに北東北の地を踏むことになります。






ということで、北上に到着です。いや、車内で写真撮るのも割と恥ずかしいもので・・・^q^






やはり東北はまだまだ雪が降っているようで、この日も結構降ってたようですね。わかんないけど。






とりあえず電車を見送ってみます。(笑)
この辺りの電車はこんなカラーしてるんですね。我々の身近なものでいうと・・・横須賀線のカラーに近いですね。
と、こんな風に車体のラインカラーを眺めるのも私は好きだったりします。その土地固有のものっていいますか、なんというか。






新幹線の駅もあります。寂れているような空気もありますが、それもまた地方の面白さですね。
利用客はどのくらいなんだろう。在来線と合わせて3500人程度とのことで、当然のように地方の小さい駅と同じような感じです。






まあホームはこんな感じです、と。






路線側の写真も一応。






コンコースに向かう時、この0番線ってのがすごく気になったんですね。なんか初めて見た気がする・・・!
実際は初めてじゃない気もしなくともないのですが、こう意識に残るように、鮮明に見たのはこれが初めてかな。
この0番線の謎というか、詳しい説明はまた後ほど、この0番線発着の北上線に乗る時にでもお話したいと思います。






コンコースよりエスカレーターで上ります。
なんで一部分だけ青いんでしょーね。そういやドンキでも似たようなことやってませんでしたっけ?(笑)






改札を出るとこんな人形が。






休憩室のようですね。






さて外に出ると・・・う、うーん・・・。






なんていうか、いわゆるアレですね。地元の駅前を思い出す。






何もないってワケじゃないんだけど、何の用事もないよねっていうあの感じ。






とりあえず雪スゴいっすねっていう。






地下通路を見つけたのでとりあえず後先考えずに入ります。






あっ、なんかいい感じ。このいかにもゲームで歩けそうな感じ。(笑)






とりあえず、それっぽい方向に進むことにします。






まあ、出ますね。






ちなみに、この地下通路を通った意味は、実際あんまりありませんでした^q^←






さて、これから向かいますのは
北上カプセルホテルっていう、まあそのまんまなネーミングのとこです。






道としてはそんなややこしくなく、大通りをひたすら進んでいって、いい感じのとこで曲がれば見つかるってヤツですね。
目印としては、この"草のホテル"ってやつが目印になりそうですね。

そんな感じで進んでいきます。






雪化粧がすごいですね(・∀・)雪化粧って言わんか・・・。
でも、こう、綺麗にまんじゅうみたいな感じの植木に雪がこんな風に積もってると、なんだか綺麗に見えてしまうのは私だけでしょうか・・・?






また違ったアプローチで。






ちょっとみにくいですが、草のホテルまできました。ここで右折すれば、あとはまっすぐ進むだけで到達できる・・・はず。






足場やばいっすね。実際一回滑りそうになりました。気を引き締めなければ・・・・・・。






こういう、寂れた街角のバーとかって非常に興味深いんですよね。こーいうとこに殴りこみに行けるほどの経済力がほんと欲しいですわ・・・(-ω-`;)
こうケチだと、わたくし一生金持ちになれない気がします・・・(笑)






あと、こういう裏路地じゃありませんが、奥まったとこにあるパブとかスナックとかにも非常に興味があります。
でもこういうのってすごいお金取られるらしいんですよね。1万円ぐらいはフツーに絞られると。そこまでして行きたくはないかなあ・・・?(笑)






そんな憧れを抱きつつ、前に進んでいきます。






あ、見えてきましたね。あそこにいけばいいんですね。






カラオケだのいろいろ入っているお店に・・・・・・。

受付の人が思いっきりギャルでビビりました。
いっそのことここでナンパでもしてやろうかとか思いましたが、面白くなさそーなのでやめました。←






さて、久々のカプセルホテルです。前回泊まったのは前期日程の時でしたが、その時の店と比べると当然ながら狭いですね。なんなんですかねこれ。牢屋ですか。まあ安いからいいけど。(笑)






何気に必要最低限の設備はそろってまして、コンセントの穴も複数あってよかったです。ええ。ちゃんと充電できます。
てかカプセルホテルてこんな感じの鏡あったんですね。びっくりしました。眉毛描くの超ぉラクじゃん。






とりあえずこんな感じに接続。電池の持ちも流石に悪くなってきたなあと実感します。本体じゃなくて、USB式携帯充電器って言うのかしら。オレンジ色に発光してるヤツですよ。






でまあ、電車の中でも思ったことで、そして更に寝ながら思ってたことでもあるんですが・・・

この旅の目的って、秋田美人を見に行き、その真偽を確かめるとともに、あわよくば知り合いになれたらいいなーみたいな、そんなワケのわかんない下心だけで行った旅行なんですね。
でも僕はナンパとかできるような器じゃないし、もう一つの目的としてサイクリングでも入れよう、と思って旅程を立てたんですね。


しかし、自転車は結局捨てることになってしまった。
じゃあこの旅は一体どこに向かうのか。そして秋田での暇な時間は何をして過ごすのか。
この旅で、何が残るんだろうか。ヒッチハイクや、ドライブ旅行のように、未だかつてないような冒険というか、そんな思い出を残してみたい。


そんな風に色々考えてて、辿り着いたのがやっぱりナンパでした。()
折角だし、もっと積極的に動いてもいいんじゃないかなあ・・・?と。
そんなことを思いつつ、寝ることにしました。
Reset