日記ログ 2010年6月 -The Rong's Caravan-~代名詞は黒歴史~
6/6

僕の昔の夢は、和菓子職人になることだったのです。
偶然母親から教わった寒天・・・それを作るのがすっごい楽しくて、いつしかそれを専門とすることを夢見るようになったんですよね。
ただ、中学に入ると、部活の忙しさに追われ、いつしかその夢も忘れ去られるようになってしまったのです。


・・・人の未来なんて、簡単に変わるものなんですよね。
いくら夢見ようが、もしかしたら近い未来、その夢がまた別のものになってしまっているということも意外とよくあることなんですよね。
偶然があるからこそ人生。それがないと何も面白くはないのです。


だから、今の僕からしてみれば、想像もつかないようなことを、未来の僕が、している可能性も、否めませんね。



例えば、僕から一番離れているものと言えば・・・プロポーズ、とか。




いやね!僕だって結婚ぐらい夢見ますよ!?
ただね!僕と結婚してくれるような相手、出てくるかどうかすら甚だ疑問ですよ!!
でも、もし、仮にですよ!こんなヘタレでも好きになってくれる人が現れてくれたら、どうするんでしょうね僕!
それで、結婚までいざ行こうって時にはやっぱ・・・プロポーズでしょう!いくらなんでもプロポーズくらい男からしたいじゃねぇですか!
あぁそうだよ!告白すらしたことない奴が何を言うかだよね調子乗ってすいません。


ただ、普通に結婚して下さい、でもいいと思うんですけど・・・
プロポーズといえば、ドラマでしょう。
二人の愛を深め合って、まさにトドメの一撃とも言える一言で、彼女をキュンとさせなければプロポーズとは言えないでしょう。
プロポーズの瞬間ってやっぱ一生の思い出にしたいですし、ラーメンすすりながら「そうだ結婚しよう」じゃノリが軽いです。



さて、世間一般では、どんなプロポーズがいいとされているのでしょうか。


その答えは、ここにありました。

プロポーズの言葉コンテスト。
今年で第四回目となるらしいのですが、ここに集うプロポーズの言葉って、色々と凄くキュンとくるものばかりなのです!
そして、そのプロポーズに関するエピソードも、ドラマチックで、なんと素敵なものなのでしょうか!

ということで、見ていきたいと思うのです。
皆必死にプロポーズしてるんだから、笑っちゃだめだぞっ><(何


『この銀河系に一人しかいない君と結婚したい。』

意外と普通なプロポーズだなぁと思うのですが、重要なのはエピソードだったり。

《エピソード》
当時26歳の私は今の妻と知り合って半年後に日本を発ち、アジアからヨーロッパそしてアフリカを放浪しておりました。
丁度サハラ砂漠のど真ん中にいるときプラネタリウムのような夜空を眺めながら片想いの女性の誕生日が近いことを思い出し、サハラの砂をプラスチックのフィルム入れに掬い取り、ニジェールの首都ニアメに着くと砂を封筒に移し、プロポーズの言葉を書いた紙を入れ日本に送りました。
幸運にもその封筒は彼女の誕生日の翌日に届きましたが、今でも小瓶に入れて大切にしてくれているのが嬉しく思います。

ねぇ・・・どうよこれ!旅人気質な僕としては、ものすごく心奪われます。
サハラの砂とともにプロポーズだってさ!いいじゃん・・・凄くいいじゃん・・・///

・・・ただ、僕としては、この人の最も素晴らしいところは、片思いの相手によープロポーズできたなってことに尽きます(ぁ
行き成りプロポーズされて、OKしちゃうものなんですかね。まぁ、僕ならこんな人となら結婚しても・・・いい・・・かなっ・・・///(何)



他にもですね・・・こんなのもありましたよ!


『君のファイナルアンサーになりたい。 ファイナルアンサー?』

《エピソード》
もちろん「ファイナルアンサー」と答えました。「『テレフォン』とか『オーディエンス』も使えるよ」と彼。
「大丈夫、この答えには自信あるから」と私。ちょっと笑える素敵な思い出です。

なんでしょう・・・俺・・・リアルにこの彼みたいなこと言いそうです(何)
でも、こういうやりとりって何気にロマンチックだと思うんですよね!どこか可愛らしい空間的な!なんかよーわからんですけど、めっちゃええやん・・・///(笑


とりあえず、実は僕が調子乗って昼寝しちゃったせいで時間がなくなってきたので、もひとつ紹介して終わりたいなと思います。


『隣の『席』もいいけど 同じ『籍』のほうがもっといいかな』


・・・うん、
文句なしに最高やわ。
そう思わんかね!?いいじゃん!!!最高やん!!!!


ついでに、エピソードも!


《エピソード》
当日、美術館外の噴水の周りで彼の隣に座ってました。
私が意を決してプロポーズの言葉を言うと、「つまり膝にのりたいってことかな?」と返ってきました。
私はふざけて彼の膝に座りながら、「今の実はプロポーズの言葉だよ。」といいました。
彼はキョトンとした顔をして、5秒くらい眉をしかめてました。
私は「2番目のセキはこのセキ(籍)」といいながら、指で彼の手のひらに「籍」という文字を書きました。
彼はあー、という顔をしながらなんとも言えない泣き笑いのような笑顔になり、頭を私の背中に強く押し付けながら、私を後ろからぎゅーと抱きしめてくれました。
今でもとっても良い思いでです。

うん、
こういう彼女は最高だわ。
こんな先手の取られ方したら、もうプロポーズなんていいや!俺はこの可愛い彼女を大切にするぜ!!って思っちゃわ・・・ないですか!?(何


・・・うん。お幸せに、です。



他にも色々と気になるプロポーズもあったりするんで・・・どーせネタも大したもの残ってないし、明日この続きやります。(何)


>>


一応、軽く報告を。
今日、進研マーク模試を受けてきましたー。明日も受けるんですけど・・・。


理科、数学、地理を受けてきたんですけど、個人的にはちょっと要勉強だなぁという印象。
問題をざっと見た感じ、センターレベルよりは易しい問題が殆どでしたが、この前の記述模試ほどはふざけてなかったと思います。偉そうに言える立場じゃないんですけど、それでも化学とか、あんな大して勉強もしないで点数取れるようなテストは受けててムカつきます。受験生舐めんな(ぁ

ただ、今回は確かにセンターに比べれば易しい問題でしたけど、それでもできない人はちゃんと落としてくれるようなテストにはなってたかなぁと。
それでもだいぶ点数落とした自分は、相当実力が足らんのだろうなと改めて意識させられましたね。地理は最初からやる気なかったのでまだ無視を貫きますけど、物理はもう論外のレベルでしたね。なんであんな問題が解けんのだと。波のとことか最悪でしたよ。
あれは完全に僕の実力負けですね。。。


数学はまぁ、7割くらい取れたらなぁという印象。
化学については、8~9割は行くと思います。
地理ですか?まず、5割は越さない自信あります。(帰れよ)
取り敢えず、物理は6割越える程度あれば良しですね。それすらなかったら完全にただのバカですね自分(汗

っつーか、物理。浮力が弱いですねうち。
あの辺ホント分かんない・・・。というか、あんま使わないんで、公式がなかなか頭に入らない。
なんか2つほど公式あったような気がしますが、ごっちゃになってきます。
流体のうんたらかんたらは浮力でしたっけ?取り敢えず定義は頭に入ってるような感じですので、それを使って毎回頭の中で公式作ってるような感じなんですけど・・・。なんか、他にもう一つ水圧の公式みたいなのありませんでした?横方向からも圧力かかってくるあの図。
・・・なんか、あの辺いまいち覚え切れんのですよね。


ってことで、明日は英語と国語ですね。どれだけ失点抑えられるか、ですね。(汗
Reset