アルト(Alt)
高温で発酵させる上面発酵のビールのスタイルの一つであり、ドイツのデュッセルドルフを中心に、ニーダーライン地方で消費されるビールである。アルトとは「古い」の意で、冷却技術がない時代から作られていることからこの名がついたと思われる。
アルトビールは、同じ上面発酵のビールであるケルシュと激しい競合関係にあるが、前者は黒褐色もしくは赤褐色と呼ばれる色をしているのに対し、後者は黄金色をしているほか、味覚の点でかなりの相違がある。
具体的には、ホップの苦味が効いたまろやかな味で、深いコクがありつつ後味はすっきりしており、ドイツの肉料理によく合うのだそう。