ジンジャービア(Ginger beer)
カナダでジンジャーエールが発明される以前からイギリスで作られてきた飲料でジンジャーエールの原型で、ジンジャーと糖分を発酵させて作られる。ウィルキンソンのジンジャーエールをさらに甘辛く濃厚にしたような味で、ジンジャーの刺激が強くクセのある味が特徴。
発酵する過程で微量のアルコールが発生するらしいが、ソフトドリンクとして扱われることが多い。

家庭でも作られる。作り方としては、炭酸用の空のペットボトルに温めた浄水を同量注ぎ、ドライイーストを小さじ1/2、砂糖を150g入れ、よく混ぜる。その後皮をむきすりおろしたしょうがを大さじで2~3、レモン果汁1個分、好みでとうがらしを1つ加え常温で日差しのある場所に置く。すると半日から1日で中で発酵が進み、炭酸ガスが発生して微炭酸のジンジャービアができあがる。ペットボトルが指で押せないほど硬くなった時点で完成。
出来上がったジンジャービアにはおろししょうがが混じっているので、布や茶こしで中身をいったん全部こしてから再度ペットボトルで保存し、冷蔵庫で冷やして飲むほうがおいしいらしい。
登録されている銘柄の一覧