赤ワイン(Red Wine)
黒ブドウを使用して皮と種を一緒に果汁を絞り取り、一緒に漬けこむことで、皮の色素成分が果汁に染み出して赤色になったワイン
皮や種と漬け込んでいるため、白ワインに比べて渋みが多くコクの深い味わいになる傾向があり、またポリフェノールも白ワインより圧倒的に多く含まれる。

白ワインが「甘口」「辛口」と分類されるのに対し、赤ワインは「ボディ」で分類される。
濃厚でコクのある「フルボディ」、すっきり飲みやすい「ライトボディ」、その中間の「ミディアムボディ」で分類されるが、特に基準はなくメーカーが独自に区分するため注意。