5/16

ちょっと中途半端に時間が余ったのでバイクにソケットを付けてみました。リベンジですね。
前回はボディアースが取れないということで、ACC電源とバッテリーをつなぐことで、キーと連動する電源を作ろう、という話になったのでした。






ということで、前回中途半端に半分切った導線です。
これをギボシ端子を用いて、配線分岐させます。
調べてみたところ、オレンジが+線みたいですね。実際どうなのかは知りませんが、そういうものとして作業を進めてしまいましょう。






で、このオレンジを切ればよかったのですが
間違ってマイナス線を切ってしまったので、しょうがなくギボシ端子使って連結させてみました。練習と思って・・・・・・。今までの状態だと危ないですし、この機会に修繕しておきましょう。
この状態でキーをONにして、クラクションのボタンを押すとちゃんと鳴ったので、どうやらこれで正解のようです。

ちなみに、スリーブの入れ方は完全に間違っています。
見よう見まねでテキトーにやってたら間違いました。一旦帰ってもっかい動画見ます。






さて、次はプラス線をつなぐ・・・・・・わけですが、せっかくテスターを買ったので、テストしておきましょう!
まぁ、テスターが反応しなかったら完全に詰みますけど今後、クリティカルな配線を弄ることがあるかも知れませんので、その時のためにも使い方を覚えましょう!
使い方っていうほどそんなたいそうなものでもないんですけどね・・・・・・(-ω-`;)






バッテリーの電極を外し、その中の金属部分にテスターを突っ込んで、一方で切ったプラス線のむき出しの導線に触れさせます。
するとこのように12Vの電圧が流れるので、これを結ぶような配線を組めばいい、ということになりますね。テストはOKです。
接合に関しては、先ほどのマイナス線で確認できましたので、あとはプラス線の方をギボシで結べばいいということになります。





さて、ここで接合に関してなのですが、配線が分岐しているのでこんな感じに接合する必要があります。
めっちゃテキトーな図ですけどわかりますよね。小学生の方はごめんなさい。(笑)
マイナス線に関しては、バッテリーから直で持ってくるため、アースで接合することができますが、プラス線はバッ直でない限り配線分岐になってしまうので、どっかで分岐させなくてはいけないということになります。






で、具体的にどうやって接続するのかっていいますと、こうします。
分かりますかね。ギボシ端子に2つの配線が束ねられてるんですね。ギボシ端子はこういう使い方できるんですよ。頑張れば3つ束ねることも可能かも知れませんが、やめといた方がいいんじゃないかとか思います(笑)






マイナス端子側もこんな風にアースします。
写真じゃ全くわかりませんが、頑張って車体の下からコードを這わせています。
指だけじゃ無理だったので、ドライバーを突っ込んですくいあげる感じで、なんとか通すことができました。
これによりバッ直でありながらコードがステップにないという理想的な配線にすることができます。

説明がめっちゃテキトーですけど、こういう機械的な話は知識が有ること前提で話すしかないので・・・・・・^q^そもそも僕自身そんな理解してるわけじゃないですしね。






で、これが完成形です。配線はバッテリーから車体下に伸びブレーキレバー部まで内部を通るという、車体に穴を明けずにできる最大の隠蔽をしました。多分これ以上の配線はないと思います。
通した後、試しにブレーキレバーを引いてみたんですけど、特に問題はないようなのでこのまま取り付けちゃいました。
写真に映ってないのが悔やまれますね。まぁいつでも撮れますし・・・・・・。






気になる充電の方ですが、ちゃんとキーと連動していたのでOKです。
充電速度も申し分なく、地図アプリ起動しながらでも多分充電されるんじゃないかなと思います。
これでツーリング対策もOKですね。防水対策もおわっているので、後は固定するのみ・・・・・・


そうなんですよね。実はこれ固定されてないんですよね(笑)
一応、落ちることはないような形になってるので、実用上はほとんど問題ないのですが、抜き差しする時に固定されていないとぶらぶらして不便で・・・・・・。
ということで、そのうち両面テープではりつけたいと思います。

あと致命的なミスとして
配線を束ねるのを忘れていたので、そのうちもっかい配線部分をいじくろうかと思います。
といっても、結束バンドでどっかに固定するだけですし、現状のままでも配線が下にだらーんと垂れてこなければ問題ないのですが、普段見えない部分だけに怖いのでちゃんとやっとこうかと思います。



しっかしバイクいじりって楽しいですね。
こんな感じで色々つけたくなっちゃってしょーがないですね。そのうちドリル買ってきて車体に穴を開け始めるかも知れません。(笑)
多分このバイクは一生使うことになると思うので、その辺は躊躇ないです。手放す理由ないしなあ。

でももしかすると400ccのバイク買うかも知れないなあ。維持費もそんなかかんないみたいですし。
ちょーっと遠いとこいきたい時に、高速道路乗れるとラクなんですよね。旅行の時だと車一択なんですけど、例えば環八方面に向かう時なんか、第三京浜道路通りたいんですよね。






この差ですね。
これぐらいだったら高速道路通りたくなります。私は。
っていうか
環八とかできたら通りたくもないです。
環八の渋滞はもはや東京名物だと思っていいと思ってます。(何)

高速使ったところで渋滞度は変わんないかも知れませんが
(玉川IC以降は環八を走らざるをえないので)それでも玉川ICまで、羽沢からなら10分程度で行けるので、めちゃくちゃ早いですね。高速道路の有効な使い方ってのはこういうものだと思います。
400ccぐらいのサイズになると、ひょいひょいすり抜けるのは厳しいと思いますけど、こういう道路の使い方ができるので便利ですよね。ツーリング行った時も、帰りはしんどいから高速道路・・・・・・とかできますし。あと積載量の問題もありますよね。

社会人になったらそのうち欲しいなぁとは思ってますね。
ということで、院に入ったら免許取ろうかなとか考えてます。院出る頃には高速道路の2人乗りもできたりしますからね。
時間のゆとりなくなりそうですけどね。働きたくねえな


ぶつくさつぶやいてたら結構長くなっちゃったのでこの辺で。
Reset