5/13




とりあえずスマホホルダーだけ付けてみました。
今日これで走ってみたいと思います。手でがんばったら動かせる程度の固さになっちゃったので、走ってて動く程度ならもーちょっと頑張ってキツく締めようかと思ってます。
ほんとはもーちょいちゃんと固定したかったんですけど、位置の調整が難しかったので妥協しました(笑)






さて、電源の取り方ですけど、昨日は
ヒューズから電源とってACC電源とつなげるって言いましたけど、よーかんがえたらこれ意味不明なんですよね。
ヒューズを流れる電源は+ですけど、ACC電源も+なんじゃないですかね。


アドレスV125はボディアースが取れないものとして考えると、どっかからマイナス線を引っ張ってくる必要があるんですよね。
ホーンのマイナス線でいいんですかね。ちょっと前駆者がいないと不安ですね・・・・・・。
あんまりイグニッションとか、重要なパーツには触りたくないので、なるべく簡単で事故のない配線にしたいのですが・・・・・・。



で、調べるとですね。






これ使えるんじゃないですかね。
ヒューズではなく、バッテリーからマイナスを取る。
で、プラスはACC電源から取れば、キーのON/OFFと連動し、かつ必要最低限の配線しか出ない、と。






左右逆かも知れませんが、そうするとここからコードが伸びる形になるんじゃないかなーって思います。
もしかしたらうまいこと配線を下にくぐらせることができるのかも知れませんけど
(バッテリーと各種配線はつながってないとおかしいので)もしかすると配線を割り込ますのに、ちょっと工夫が必要かも知れません。
あんまり手の込んだ作業はできないと思いますので、もしかしたら配線が外に飛び出すかも知れません。ただ、それだと足ひっかけちゃったりするとマズいなーと思いますので・・・・・・






赤ばっかでわかりにくいかも知れませんけど、こんなフロントレッグシールドの中に配線を埋め込ませて、ハンドル下の穴から配線をにょきっと出せばいいかなと。
マイナスはバッテリーからとって、プラスはホーンから取ることでいけるかなぁと。

電流の流れについては、バイクの構造をそんなに理解してないせいか、いまいち僕自身よくわかってないんですけど、とりあえずこれで動くはずです。
そんなデカい出力を取り出すものでもないので、とりあえず電流が流れるような配線にできればオッケーな感じらしいので。ソケットの方にもヒューズついてるんで、とりあえず事故ってバイクが大破ってことはないと思いますので。


今からやってもいいんですけど、2時間で作業を終えれる自信がないので、土日にやるかなあ・・・・・・?笑 どっちにしろソケットを固定する手段を持たないので、両面テープとか用意しなくては・・・・・・。
一応、クランプとかあるのですが、方向的にスマホホルダーと両立ができないので・・・・・・。右ミラーに取り付ければ両立はできるんですが、やはりスマホホルダーは左の方がいいかなぁと。


スマホはなるべく中心部に置きたいんですが、クランプが難しそうなので、妥協してソケットをホルダーの右側に配置すれば、同時にクランプできたりするんですけどね。
なんか不格好だなぁって感じは否めませんが、とりあえず取り外しは可能なのでそれで週末あたりに配線いじってみようかなぁと思います。
Reset