最新レポート
君に、会いに来た!-大宮3泊突発旅行-
2017/03/19~2017/03/22(全4章/約8800字)
埼玉に住む、僕の愛しのコロンちゃんに会うため!僕は埼玉行きを決めたのだ!!

・・・・・・というのは半分冗談で(笑)、プロレス観戦のチケットが無料で手に入ったので、それに付随させる形で突如として旅行を企画しました。
つまり、タイトルの「君」はレスラーのことです(笑)(笑)勘違いしないでよねッ!?!?

旅行と呼べるほどちゃんとプランを立てられなかったのですが、コロンちゃんのゆかりの地に行ってみたりと悪質なストーカー行為はきちんと遂行しました(笑)
最後にコロンちゃん本人とその仲間たちと会って、綺麗に締めました笑

その他のレポート記事は下部にあります。お時間のある方はどうぞ。

新社会人時代
僕はもう、一人じゃない。

大学院時代
闇の時間も、ついに終幕か。
許されざる恋の季節。
待ち忍ぶのが、楽しくなくても...
耐え忍べ、廃人よ。
迫りくる、冬の呼声。
ニート生活、後半戦。
僕にとってのメモリアル。
僕は、24歳無職。
レールを外れるその勇気。
孤独を超えろ。
闇の終わり。
新しいレールへ。

大学生時代
さよならの春。
孤独の雪を掻き分けて。
新しい道を切り開け。
冬の始まり。
勇気の一歩。
自分を変えよ。
変化の兆し。
沈黙の夏休み。
区切りの一ヶ月。
軌道修正せよ。
楽しい日々を過ごしたい。
1年遅れの春。

モラトリアムの終わり。
挑戦への計画。
見てはいけない黒歴史。
思い出の冬。
時が経つのは早いもの。
大改造、ビフォーアフター。
思い出の夏。
将来へ、構えながら。
夏が、やってきた。
悩ましい季節。
未来への咆哮。
繰り返された日々。

ベッドの上の日常。
自由への挑戦。
将来への抱負。
初めてのクリスマス。
秋の夜に、僕は秘かに想いを馳せる。
フル単の夢を抱いて。
熱かった夏の終わり。
意外にも充実した夏休み。
情報工学生の苦悩。
滴る雨と、水面に映る私の未来。
最後の学生オケの、はじまり。
憧れへの第一歩。人生を賭けた挑戦への始まり。

ホントの留年確定のその先に・・・。
本格的に、楽器を弾くニートと化してきた。
謹賀新年。進むは蛇の道か。
敗者のクリスマス。
寒い冬が、やってきた。
留年確定のその先に・・・。
夏休み後半。バイトやサークル、そんな普通の予定だけは充実していた。
始まりの挑戦。
音楽に、身を投じる一ヶ月。
後輩たちの顔も、ようやく覚えられてきたかな。
五月病と、罵られて。
今期からは頑張る。(笑)

1年ぶりに踏む、兵庫の土。
いやまあ、今年も本命チョコはないんでしょうけどね。
新たな1年を。新たな歩みで。
今年も、あのシーズンが、やってきた。
約半年が経過し、すこし面白いことになってきました。
後半戦スタート。単位との、新たな戦いの幕開け。
夏休み後編。しかし、毎日が時間との戦いでした。
遂に夏休みが始まった。やっと、やりたいことができますね。
僕は、静かな夏の夜が好きだった。
僕の前に立ちはだかる、数々の壁。僕はその壁に、ついに手をかけた。
サークル活動、始まりました。
夢にまで見た、上京。新しい地で、僕は、新しい自分を、目指し始めました。

高校生時代

東の空を眺め続けた日々も、ついに終わりを告げる。・・・二度目の受験戦争記、最終章。
前期日程、東京工業大学。長い受験も、もう終わり。
受験戦争の前哨戦、センター試験。後戻りは、もう許されない。
人肌冷たいラストクリスマス。
遅れたスタートダッシュ!目指せ夢のキャンパスライフ!!!
無謀な挑戦、最初の入試、遂に来る"東工大特別入学資格試験"!!!
センターまであと十数週。焦りを隠しきれない秋の始まり。
夏休みって終わってからその大切さに気付くものなんだよね。
エロス強化月間。(何)
最後の体育祭。
なんかいわゆる五月病。
受験勉強に慣れてきた頃合。さぁ始めようか、最終学年。


遂に疲れが出てき始めた。受験からのプレッシャーなのか。
5周年。それなのに今年も本命チョコ貰えないんですよね。
遂に10年台突入しちゃいましたね。
闇を這いずり回るホワイトクリスマス。
100000ヒット!!!!!!!
運命の3回目。そんな出だしは快調なのだが・・・。
ついに勉強での忙しさが、始まった。10時半帰宅生活の始まり。
やはり、彼にはまともな夏休みを送る気は無いようだ。
なんか18年目、やってきたよ。
僕は欲しいものを見つける旅にでる・・・。
迷いを振り切りたい一心で疾走する春の終わり。
新たな年度はホモプレイから始まった。


ラストスパートッ!!!!!!!
思い出と決意の2月。人生最大の分岐点。
遂に年は明けた。そこに待ち受けていたのは・・・

二度目の決算、果たして雪辱は拭えるのだろうか。
旗色悪きその頃、僕は遂に「努力」を始めたものの・・・
高校生活1年目、後半スタート。しかし待っていたのは職員室呼び出しの嵐だった。
前期最後の月。最後に終末を告げた長月。
予想外が予想外を呼んだ過去最悪の夏休み。
とうとう1年の半分が終わった。この月の最後に、僕は大きな企画を実行する。
梅雨の暦。心も、体も、雨に降られた。
呪われた5月。それは後に本当の黒歴史となった。
遂に憧れの高校生。憧れの高校生活を綴る、最初の思い出。

中学生時代

頂上決戦の時が、迫っていた。中学生時代最後の月。
一つの大敵、私立入試。そして屈辱と共に4年目はやってきた。
時の輪廻は、止まらなかった。気持ちを新たに私も輪廻する。

全ての決算。過去との決別。その時僕は何を思ったのだろうか。
枯れ葉舞うこの季節に僕は狂い始めた。
神無月。本当に神は舞い降りなかった。
新たに始まった二学期。今度こそ勉学に励むと誓ったが。
待ちに待った夏休み。だがそれはただの拷問だった。
7月。それは良くも悪くも僕が最も輝いた月だった。
雨降る空を眺めては、溜息ばかりついていた。
黄金の月。ゴールデンウィークに、僕は夢を捨てた。
初めての日記は、空白の時間だった。


レポート記事
遅れてやってきたクリスマス!美少女との初オフ会!in東京
2009/12/26~2009/12/27(全7章/約36700字)
僕が初めて行ったオフ会で、ある意味今の僕の原点とも呼べる2日間。
千影さんという方とお会いしました。ここでは明かされていませんでしたが、実は当時、僕の彼女だった人です。

憧れだった東京の地に、生まれて初めて足を踏み入れたこと。そして同時に、初めての親元を離れての旅行でした。
この時の刺激が、僕の旅行趣味の始まりでもありましたし、この経験がなければ、こんなにもネット上の人とお会いするのに積極的にならなかったかも知れない・・・とも、今では思います。
運命の特別選抜入試"東工大特別入学資格試験"
2010/10/30~2010/10/31(全7章/約62000字)
受験とオフ会のまさかの両立。
結果は不合格となりましたが、楽しかったしいいかな・・・と。もともと受かる気はあんまりなかったんですけどね。←

東工大のAO入試の時のレポートです。みゅ-ずさんという方と一緒に受けてきました。
僕が東工大を目指すようになったのは紛れもなく彼女の影響だったりするんですけどね・・・。

自分の受験なのに、殆どの情報を彼女から聞いて動いてるという、非常に情けないリサーチ力の低さを露呈していますが、そこはご愛嬌で・・・。
3年間の集大成、東京工業大学・前期日程
2011/2/23~2011/2/28(全13章/約144000字)
もはや一人で受験しに行くことがつまらなくなった僕は、あろうことか関係のない元カノを誘った・・・。

色んな意味で常識を逸脱した受験旅行記です。
なんで過去の関係である元カノを誘ったのか、なんで一緒のホテルに泊まってるのか、なんで卒業式の練習サボってまで一緒に遊ぶのかと謎が非常に多いオフ会でした。我ながら何をやっているんでしょう。

このレポートは、ちょっと僕にとってほろ苦いものとなっています。
僕と彼女を取り巻く関係が悪かったのもあり、そして僕自身の問題もあり、どちらかというとこのオフ会は失敗したのではないかと反省しています。
今にして思えば、全てあり得ない失敗だと笑えたりもするのですが、僕自身あまり読み返したくないなとも思っています。
ですが、折角書いたものなので残しておきます・・・。
想像を超えた6days 横浜国立大学・後期日程
2011/3/11~2011/3/16(全12章/約111000字)
あの、日本を激震させた・・・3.11の話。

受験に行ったら被災していたという、ものすごくヒドい話です。しかもちょうどその時、また懲りずに女性と会っていて、同時に被災するという、もはやネタだろと笑うしかない状態に。
未だに、あの時aiさんがいなかったら僕はどうなっていたんだろう・・・と思えるほど、被災した時僕は彼女に頼りっぱなしでした。

結局、受験せずに帰ってきたんですが、未だにあの時のことは忘れられません。
そんな、非常にレアな、オフ会の話。


ちなみに、他にもT-ryoX君(通称T君)という男性の方とも会ってます。
田舎の車窓から 長野・山梨一泊二日旅行記
2011/9/8~2011/9/9(全7章/約73100字)
大学生になって、自由になった後の初めての旅行。青春18きっぷを使用して長野の軽井沢、山梨の昇仙峡と巡るという割とスタンダードな旅行でした。
僕の旅行のあり方を決定づける旅行だったし、ここから僕の趣味が始まったと言っても過言ではないです。

ただ一人で、田舎の電車に乗って、絶景を楽しむといった旅行なので、レポートも景色の写真ばっかりです。
大したお話はないので、気楽に肩の力を抜いて読んでみてください。

おまけとして、帰りにお台場にも寄っています。
九州一泊二日旅行記【よかと、九州。】
2012/1/5~2012/1/6(全10章/約122700字)
ごくごくフツーの、オフ会。だけど、凄く久しぶりな気がした。

九州に遊びに行くついでにREINAちゃんと遊んでみました。
ほんとそれだけの、しかしなんで今までなかったんだっていう、ほんとにフツーのオフ会です。
会って喋って買い物して・・・。と、僕の中では一番普通に近いオフ会です。そして凄く楽しかった。

また、佐賀の吉野ヶ里遺跡にも訪れています。九州へは、飛行機を使って行ってみました。
ヒッチハイクで行く 南東北の旅2012
2012/8/4~2012/8/9(全22章/約244500字)
20になって、行った旅行は、ただひたすらの挑戦だった。


今まで行ったことのなかった東北地方を、「敢えてヒッチハイクで行く」という、無謀でしかない計画を立て、野宿しつつ完遂してきました。
栃木の宇都宮を経由し、山形に向かい、帰りに福島の郡山に立ち寄って首都圏に戻ってくるという旅程です。
途中心が折れ、挫折しそうになるも、奇跡的に旅程の通りに旅を終わらせることができました。
また、途中で本来する必要なかった苦労をし、リアルに生死の境を彷徨いかけたりしています。(笑)

全22章編成、本編だけで20万字近くあるという、数ある旅行レポートの中でも群を抜いた重量を持つレポートです。
ヒッチハイクを考えてる人の参考になるように、少し詳し目に書いてるので、もしよければどうぞ。

この旅程を決める契機となった、元カノとの思い出話にも触れています。興味がある方は19章で。
My Winter Dream~真冬のドライビングin四国~
2012/12/28~2012/12/29(全5+2章/約36850字)
ヒッチハイク旅行を経て、次に僕が興味を持ったのは車の運転でした。
この旅がしたいが為にわざわざ単位を犠牲にして免許を取りに行き、練習するヒマもなくぶっつけ本番で一泊二日のドライブ旅行に行ってきました。
行き先は淡路島と、四国の香川と愛媛です。

単にドライブ旅行と言うだけだとつまらないので、今回は食べ歩き旅行の一面ももたせました。
淡路島では、名産のたまねぎを使ったスイーツを、香川ではもちろんうどんを・・・そして愛媛ではとんかつパフェなるゲテモノ料理を食べてきました。
お金はだいぶかかりましたが、割と満足いく旅行だったかなと思います。

ずっと車を運転してるだけなので、レポートとしては前回のヒッチハイクと比べて嘘みたいにボリュームダウンしています。
食べ歩きと言ってもそこまで食べてるワケじゃないので・・・まあ、そういう旅行があってもいいでしょう。

ヒッチハイクで大阪から横浜を目指した話も書いてます。よかったらそちらも。
秋田美人を見に行こう!~仙台・秋田 二泊三日の旅~
2013/3/11~2013/3/14(全8章/約68440字)
ヒッチハイク旅行中に聞いた"秋田美人"の話。その真相を突き止めるべく、実際に行って確かめることにした。

そんなくだらない動機で本当に動いてしまうという、相変わらずのダメ人間っぷりですが、青春18きっぷで延々と電車を乗り継いでいくという、ある意味原点回帰とも呼べるような、そんな冒険でした。
ウォークマンから流れる音楽に耳を傾けながら、電車の車窓を眺めていると、なんだか懐かしい気分になりました。

秋田だけだとどうにも旅程が立てられなかったので、ついでにといっては何ですが、比較対象として"日本三大ブス"と呼ばれている仙台の女性もチェックしに行っちゃいました。(笑)
さてその真相はどうなのでしょう・・・?

1日目から、トラブルにより立てた旅程が全てパーになるというまさかの展開でしたが、結果的にそれでも良かったのかもなあ・・・とも思ったりしてます。
ただ、何もせず、歩いて景色を撮ってるだけ。たまにはそんな旅行も、僕らしくていいんじゃないかな。
僕らの旅日記。~新潟雪遊び旅行~
2013/12/27~2013/12/30(全9章/約37530字)
恋人と行った、初めての旅行。
二人で雪遊びをしたい、という思いつきで、日本の小さな雪国・・・新潟まで足を運んだ。

ついに念願であった「恋人と旅行する」というものを叶える時がやってきました。
僕の趣味である旅行に付き合ってもらい、夜行バスで行って夜行列車で帰ってくるっていう、結構ハードなスケジュールです。
初日は電車を使って雪遊びして、観光して・・・2日目は、レンタカーを使って走り回るといった、何気にバラエティに富んだ旅行であったりします。

個人的にはとても楽しくて、気に入った旅行でした。彼女にも喜んでもらえて、とても嬉しかったです。
まぁ、冬に寒いとこ行くのはもうイヤだよって、この旅行の話をする度に言われるんですけどね。(笑)

そんな僕たちの旅行記を、記してみました。
男二人で行く!高山一泊二日旅行
2014/8/25~2014/8/27(全4章/約17830字)
初めての、男二人旅。

白川郷行こうぜの一言から始まった、男二人旅。サークルの友人と二人で行きました。
男二人旅なのに、鍾乳洞のライトアップを見たり、リスと触れ合ったりと、男二人で行くような場所じゃないところばっかり行ってます。まるでホモですこいつら。


そんなホモの旅行記などキモいだけなので、すごーく軽くしかまとめてません。時間がない方にもオススメです。なんて。(笑)
絶景を行く!白骨温泉の旅
2014/9/8~2014/9/9(全13章/約66000字)
「旅館に泊まって露天風呂に入りたい。」

これが今回の夏の旅行のテーマでした。宿決めは結構難航したのですが、最終的に彼女が行きたいと行った長野県の上高地辺りにある白骨(しらほね)温泉に行くことに決定しました。
また同時に、かねてより高速道路のドライブがしたいと思っていたので、それを取り入れてみました。
ドライブと温泉がメインという、自分のやりたいことを詰め込んだ旅行です。お陰で結構お金かかってしまいましたが・・・・・・。

長野県に関しては、実にちょうど3年前に軽井沢に行っているのですが、今回は長野県の中部が中心です。同じ県内ですが、やってることは全然違います。
有名なビーナスラインを通り、標高1000m超の道を走り抜けます。下界との気温差には感動しましたね。

大自然と触れ合うのと牧場で動物と触れ合うのがメインになっていますが、テディベア美術館に行ったりしています。割と満足の行く旅行になったんじゃないかな。
冬の都を巡る 関西二泊三日旅行
2014/12/25~2014/12/29(全15章/約75650字)
冬は都会が似合う。いつか冬に大阪に行く。
この旅行の構想はかなり前から決めていましたが、ようやくその時がやってきました。
クリスマスも一緒に祝ってしまおう、ということで2泊3日と普段より一泊増やしての旅行です。金をケチって往復夜行バスにしてるので、それも合わせると4泊しています。これは今までにない規模ですね・・・・・・!

期間がそれなりに長く取れているので、兵庫、大阪、京都と巡っています。
色々妥協した点もありましたが、僕の中ではとても良い旅行になったと思います。

僕からのクリスマスプレゼントも喜んでくれたみたいで、とても嬉しかったです。
1年間僕に付いてきてくれてありがとう。これからも宜しくお願いいたします。(笑)
駈けろ!!!!! 静岡2day touring
2016/05/12~2016/05/13(全5章/約17000字)
孤独で精神がおかしくなり始めた頃、なんとか自分をリフレッシュさせようと「一人ならではの旅行」を企画した。
一人でひたすら、まるでストレスから逃げるかのように、伊豆半島を駆け抜ける。

初めてのバイクを用いた旅行であり、久々の野宿も行うといった、なかなか精力的なプランになっています。
大半が移動時間なので、書くこともあまりないですが、僕にとっては一つの転機となった旅行になりました。

ちなみに、twitterで知り合ったとある女子大生の方とも現地でお会いしています。(笑)
ひとりぼっちの誕生日 2016 -千葉&埼玉 2泊2日の旅-
2016/07/31~2016/08/01(全4章/約13500字)
誕生日だというのに、就活に追われなーーーんも楽しくない!!!!
今年は誰も僕の誕生日を祝ってくれない!!!!

ならば!!!!自分で祝ってしまえ!!!!旅行だ旅行!!!!!

ということで、本命の最終面接の前日だというのに、あまりにも地に足がつかなさすぎたので急遽旅行することにしました。(笑)

ちなみに、またtwitterで知り合った男子高校生とお会いしてます。どこがひとりぼっちなんでしょうね。笑
君に、会いに来た!-大宮3泊突発旅行-
2017/03/19~2017/03/22(全4章/約8800字)
埼玉に住む、僕の愛しのコロンちゃんに会うため!僕は埼玉行きを決めたのだ!!

・・・・・・というのは半分冗談で(笑)、プロレス観戦のチケットが無料で手に入ったので、それに付随させる形で突如として旅行を企画しました。
つまり、タイトルの「君」はレスラーのことです(笑)(笑)勘違いしないでよねッ!?!?

旅行と呼べるほどちゃんとプランを立てられなかったのですが、コロンちゃんのゆかりの地に行ってみたりと悪質なストーカー行為はきちんと遂行しました(笑)
最後にコロンちゃん本人とその仲間たちと会って、綺麗に締めました笑
<<通常記事レポート>>
※敢えて別枠として、通常の日記形式で書いたレポートです。
「初めてのディズニーランド」

<<オフ会通常記事>>
※プライベートな付き合いとして、通常の日記で書いたものです。日記としてちゃんと書いてないものは省いてあります。
「こっそりオフ会with洞窟の魔法使いさん」


その他古い記事
旧式のレポート記事etcです。

修学旅行日記~北の地から・日記Ver
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン放浪徒然日記in大阪
2007年夏休み企画「うまい棒食べ比べ」
USJお土産展示
一人でプチ宴会(11/9)
神社参拝紀行
3月2日「若松塾第51回生修了式と飛翔の会」
3月22日「本物のアホ此処に見参!初めての一人旅☆In大阪」
4月21~22日「新入生オリエーテーション合宿in西宮」
5月2日「文化部発表会『Culture Blossom~ここにしか咲かない文花~』」
6月23日「オーディオケーブルを求めて」
8月9日「初めてのオープンキャンパスin 京都大学工学部【これはひどい】」
9月13日「一人旅レポートin姫路【もう二度と行きたくねぇ。】」
2008年11月6日「ドキドキ☆私服の校外学習 at須磨」
2009年3月7日「神戸で"白い"プレゼント探してみた」
2009年3月16日「あの地獄が蘇る『アニメイト戦記Remember』」
2009年5月23日「相互さん達と天下争いしてみた」




この日記について
なんでもない、ある一人の人生を書き記したような日記があったらおもしろいだろうなあと思って、中3から続けているものです。
日記といいつつ、「その日感じたこと」を書くコンテンツなので割と関係ないことも書いてありますが、それ含めて人生の1ページなんじゃないかなと。

僕の人生そのものを残すつもりで書いているので、あまり人の目には見せたくない過去の記事もなるべく残すようにしています。
痛々しい中高生時代から、勘違い大学生時代まで、世の中にはこんな痛々しい人間も存在するんだなと生暖かい目で見てもらいたいものです。(笑)
もちろん、全てを赤裸々に書いているわけではありませんけど、僕自身の精神的な成長なども垣間見えるコンテンツになってしまったかなと思います。(笑)

とはいえ、あまり人様に見せるためのコンテンツではなく、僕自身の備忘録としての側面が強いのであまり読みやすいものではないと思います。
ただ、僕自身の生い立ちなどに少し興味を持って下さった方は、暇つぶし程度にこの日記を読んでみると僕のことが分かってしまうかも知れませんね。きっと後悔されてしまうでしょうけど(笑)

そういう意味で、「見てはいけない」日記ログと銘打つことにしております。


それでも、人生そのものを記すような日記というのは見たことがないので、僕はできる限り、「日記を書き続ける」ということに挑戦したいと思っています。あるいは、もしかすると、この日記が僕の人生そのものになってしまっているのかも知れませんね。



BACK