日記ログ コメント
About
黒歴史をリアルタイムで見られる貴重なサイト。
人間観察の悦びをあなたに・・・・・・

というのは冗談で、ただの趣味のサイトです。


管理人:ろんぐ
Since:2005/2/14
update:2016/09/25 「パガニーニの練習曲」
update:2016/09/25 「パガニーニの練習曲」
§Infomation§

やっと完成しました。(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)

しかしまだ1つレポートは残っているんでしたね!?!?!?←
§Comment§
非掲載


§Diary§
2016.9.25
パガニーニの練習曲

ヴァイオリンの練習曲として有名なものに、パガニーニの24の奇想曲とかいうのがあります。
まぁ、練習曲といいつつ特殊奏法をふんだんに取り入れたただの難曲なんですけどね。




24というからには24曲あるのですが、1曲目がこちらです。「アルペジオ」でございます。
その名の通り延々とアルペジオを繰り返すだけですけど、まぁ見てわかるとおり精密な弓のコントロールが必要とされます。


まぁなんでこんなのを紹介したのかっていうとあぁこの技法使えるようになりたいなぁと。っていうか、ちゃんと持ててないとこんなんできませんからね。
ということで、先生のいない私は弓のどの辺の位置で、どんな風に弾くのかとかわかりやすい動画を探した結果、上の動画が比較的わかりやすいかなぁと思って参考に残しておこうと思いましてね。


っていうか、この動画、それだけじゃなく先弓で飛ばしてなんであんなはっきり音出せるんだ!?とか、キメた後すぐに静止させられるとか、なかなかに興味深い動作がいくつか散見されますけど、まぁそれぐらいしっかり持てていることが必要要件として挙げられるんじゃないでしょうかねと。



こんなんが24曲あるっていうキチガイ御用達の曲集なんですけど、僕はヴァイオリンじゃないので譜面見て練習できませんし(5度下げれば一緒なんですけど笑)練習する気はないんですけど、このアルペジオぐらいマスターしてみたいもんだなとは最近思いつつあるので、この動画を参考にまたちょろっと練習してみよっかなーとは思います。



弦楽器奏者にとって、右手の練習ってのは終わりが見えないなぁと痛感させられるのでございます(・ω・)

2016.9.24
静岡旅行レポ完成!!

しました。(笑)




旅行から四ヶ月も経った挙句、果てには旅行レポしんどい^^^^^^とか意味わからんことぬかしはじめましたが、まぁなんとか完成させられて良かったです。次は誕生日のアレですね・・・・・・(笑)(笑)
完成したと言っても、総文字数が17,000字程度で、他のレポートに比べると1/5程度になってますね。老化して長い文章を書く集中力がなくなったのを感じざるを得ません・・・・・・。


このレポートに関しては、前置きにも書いていますがバックグラウンドが闇というか、僕に鬱病疑惑がかかっていた頃の話なので意図的に暗めに書いています。
振り返りと称してわけのわからんことも書いていますが、まぁこれはどちらかというと未来の自分へのメッセージ的な意味合いの方が強いので、まぁ当時はそんなこともあったよなっていうのをまとめて書いています。まぁ全部日記で書いたことです。時限記事のネタバレも若干含んでますけどね。
でもまぁ、あの旅行の契機となった感情なので、やはりレポートには盛り込みたいなと思い、思いの丈を綴りました。

しかし、忌々しき大学院を辞め、人脈も多少は作れつつあるかな?といった(断言はできないですが)感じで軽快に向かっているので、正直あの文章を心から書くことができなかったのがちょっと無念な感じしますね。(笑)



ま、いま僕はそんなことを考えて過ごしているのだよという話です。基本的に自分用に、当時のことを忘れないようにと、備忘録的に書いてるコンテンツなので見て下さいとは言いませんけど、私自身に興味が沸いた時、ちらっと見てくださると私のことがわかるコンテンツになるのかもしれませんね。(笑)



さて、まだレポートは一編残っていますが、今月中に書き上げられたらいいな・・・・・・たぶん絶対無理ですけど(何)

2016.9.23
自身のアインザッツを考える

僕は、ヴィオラという楽器に惚れ込んで未だに練習を続けているわけですが、そこには人には絶対に譲れないポリシーというのが存在します。


僕は音楽家・・・・・・いや、演奏家、もっと具体的に言えば芸術表現者といいましょうか。その端くれとして、表現というのを最も大切にします。
楽器というのはただ音を出すものではなく、音によってどんな景色を見せるのか、どんな色を見せたい、伝えたいのか。そういったことを考えながら演奏するものだと思います。


そして、僕にとってそれは音だけでなく楽器の動き、さらには身体運動によって音楽というのは表現されるべき、いやされなければいけないと思っています。



それはとてもとても難しいものです。ただ、伝えようという姿勢が大事なのです。伝えようと思えば伝わるのです。
音楽とはカッコつけるものじゃないです。ドヤ顔で演奏するものではないのです。それは、プロの仕事です。僕がやりたいのはそういう音楽ではない。
僕は、クラシックの良さなんて伝えるつもりは一切ない。ただ、演奏って、見てておもしろいだろ?と。そういうことが言いたい。


例えば、僕が考える音楽的な演奏っていうのは、弦楽器で言えば弓の動きとか視覚的な情報としてすごい大事だと思うのです。
ポップな感じを出すために飛ばす振り幅を大きめにするだとか、逆に目立たなくていいところはほんとはプロオケみたいにほとんど飛ばない感じにしたいとか。
ボウイングだってそうです。雄大さを出すために体全体で全弓を使ったり、迫り来る気迫を感じさせるために前のめりになって弾くとか。

要するに、ただ音を出すだけじゃない、音量の大小だけを気にすればいいんじゃない。
「どう弾くか」を考えることが大事なのです。それは多少、人によって解釈の差異があることでしょう。それが音楽の楽しいところだと思います。でも、それを伝えない、考えないのは、その演奏を見ている側がつまらないのです。


僕がやりたい音楽は、端的に言うと聴衆の目が離せなくなるような演奏がしたいのです。
まぁそれは、練習する気のなかった僕が練習するようになったルーツにつながるんですけどね。要するにこれです。


まぁ、僕がオケで弾いてる時の姿を知ってる人にとっては、僕がそういうことを意識はしてるんだろうなぁというのは伝わるはずです。
もちろん、自分でも不出来なことは知っているし自覚はしているんですが、それでも自分の出来うる範囲で、エンターテイナーとして音楽をやりたいのです。



さて、タイトルの「アインザッツ」ですね。
ザッツってのはまぁ、主に休符の後とか入る合図としてトップが出すものなんですが、それを自身でもやることをアインザッツっていいます。たぶん。(笑)
このザッツっての効果はひとえに音楽の呼吸を感じることにあります。だって、例えば話し始める前に息を吸うでしょう。僕にとってはそういう感覚です。

この、ザッツの出し方も音楽的表現の一環として考えられるべきです。
息を大きく吸うのは叫ぶ前ですし、普段から話す前に大きく息を吸う人は怖いですけど、かといって全く息を吸わない人も見ていて不気味でしょう。

他にも一拍前に出すか半拍前に出すかなども考えられるべきです。疾走感を大事にすべきなフレーズは、僕は半拍前にアインザッツを、ちょこっと出すのが大事だと思います。まぁようするに八分休符を感じるというわけですね。
そういうとこで一拍前に出しちゃうと、ちょっと詰まった感じがなくなっちゃって凡庸になってしまう印象があります。まぁ実際どうなのか分かりませんが、僕の解釈としてはね。

他にも、身体を動かさずに弓で伝えるアインザッツとかもありますね。
最近は、身体を動かす必要のないアインザッツは弓で呼吸を表現しているつもりです。要するに、一拍ないし半拍前に弓を置く動作を指します。


まぁそんなふうに色々考えられるワケですね。
ほんとは動画とか撮って分析とかできたらいいんですけど僕自身は自身の外見に非常に強いコンプレックスを持ってるので、見るだけで現実を見て気分を害するのでなるべく見ないようにしてます。触らぬ神に祟り無しです。不細工は気にするとオーラに出るので、気にしないのが一番です。(笑)
ちなみに整形する計画はあったりします 不細工は生きてるだけで損しますからね


それでも体感と、参考にする動画をか見比べて分かることがあるのです。


最近は意識しようと頑張ってるんですが、一般的にアインザッツって楽器をちょっと上に持ち上げるって感じで出すのが多いんですよね。
そして、いきなり入るffの直前とかは首あるいは顔も一緒に上に動かして勢いの強さを表したりするんですけれども。


対して僕は感覚が麻痺しすぎて、レンジが広くなりすぎて楽器だけ持ち上げればいいのに顔も一緒に上がるっていう悪い癖があるんですよ。
まぁたぶん、これは楽器を腕で支えない持ち方で弾いてるってのも強く影響してるのかも知れませんけど、そんなのは言い訳です。
アインザッツ出す時に首も一緒に動くのが癖になってるんですよね・・・・・・。

まぁ、理由は一人で楽しんでる時にそういうアインザッツ出してるっていうせいなんでしょうけどね・・・・・・。僕は普通に個人練してるときもアインザッツ出してるんで・・・・・・。特に意識してないっていうか・・・・・・出さないと落ち着かないというか←



実際自分の動きを見たわけじゃないですが、こう、使い分けはできてないと思うんですよね。いや、使い分けはしてるつもりなんですけど、大と小を使い分けたいのに大と特大にしか見えないって、それは表現としてどうなのという話です。
ということで、楽器だけを持ち上げるアインザッツというのを最近意識できたらなぁーとか思ってます・・・・・・



が、熱が入るとどうせまた身体が動きそうな予感がプンプンするんですが果たして・・・・・・・・・・・・。





ま、キモい動きにはほんとはなりたくないんですけど、きっと現状はキモい動きなんでいつか我慢して動画を見ないといけないなぁとは思っています(笑)



>>もっと読みたい


Contents
日記
過去ログです。
旅行レポートなどもこちらに置いています。

音楽素材
RPGツクール向けの音楽素材です。
現在の素材数は185曲です。

Fashion研究学Note
地雷を踏まないファッション研究学。低予算でディスられないファッションを目指します。

写真素材
旅行中、無駄に撮った写真を素材として並べています。
現在2600枚ほど。
そのうち更新します。

Products
Anonymous(仮)(β)
"SNS疲れ"からの開放を目指したtwitterインスパイアの匿名SNS
Musel
オーケストラ楽曲の編成表データベースです。(将来的にリファイン予定)

Commnication
The 人間観察(掲示板)
管理人は基本チェックしてません。←
旧BBS
一応残しておきます。

Other