見てはいけない黒歴史 in -The Rong's Caravan-
日記ログ コメント
About
黒歴史をリアルタイムで見られる貴重なサイト。
人間観察の悦びをあなたに・・・・・・

というのは冗談で、ただの趣味のサイトです。


管理人:ろんぐ
Since:2005/2/14
update:2021/01/21 「人と同じ路線に立てないからこその「親しみやすさ」」
update:2021/01/21 「人と同じ路線に立てないからこその「親しみやすさ」」
§Infomation§


宅飲みカクテルデータベース(RC)

が新しく生まれ変わりました!

使いやすくなったはずなので、ぜひ使って下さい!(笑)
§Comment§
名前の非掲載


§Diary§
2021.1.21
人と同じ路線に立てないからこその「親しみやすさ」

なんかさあ、まじでずっと動画作りに悩んでる気がする(笑)


ということで、もうひとつの視点である「親しみやすさ」にフォーカスしたいなと。


結局、youtubeでの配信者に興味を持つきっかけって、僕自身もそうなのですが結局は人柄によるところが大きいと思うんです。
もちろんコンテンツの内容もそうなのですが、それ以上にその人自身が好みかどうかに左右されるところは大きいです。


というのを踏まえてですね。



僕は前々からずっと「○○の飲み方!」みたいな路線をどうにか脱却したいともがいていました。
僕に求められているのはハウツーではなくエンターテイメントのはずです。

ただ、チャンネルのルーツがここで足かせになってまして、そもそもあのチャンネルはお酒をあまり知らない大学生に教えてあげたいお酒というのが基本カラーになってまして、それがそもそも僕の「やりたいこと」でもあるんですよ。
そのルーツがどうしてもハウツー寄りなので、動画の作りもハウツーっぽくなってしまうんですよね。


例えば、アマレットというお酒を紹介したい。そーなると割り方を紹介したくなる。でも動画の内容が「紹介」だけだと結局ハウツー動画では・・・・・・?という行き詰まりを感じます。



対して、僕が舵を切りたい方向って、どっちかっていうと平凡な日常の切り抜きみたいな動画なんですよね。
継続的にファンとして見たくなる、となるとやっぱそういう動画がええんかなと。顔出しして喋ってるワケですしそのメリットを活かさないとね。




もっと言うと、あのyoutubeチャンネルの最終的な目標って「自分の開く店に来てもらう」というのが最終的な着地点です。
というのも、そもそもなぜ僕がいまこんな生活してるのかっていうと・・・・・・


「いまの日本でどんな働き方してもムカつく未来しか見えねえ」
「そもそもそういう風潮の働き方がデフォルトとなってる"日本という国"が気に入らねえ」
「だったら自分が思うような労働環境を作って、自分の理想が現実的なのかテストしてみたい」
「でも自分に会社を持つようなスキルがないし、人生としてのリスクも高すぎる」(※もっと言うと、「自分を突き動かす理念」を持てるほどの「問題解決意識」を持ってるジャンルを持っていない)
「でも自分には趣味で集めた酒がある」
「じゃあバー/居酒屋形態ならワンチャンありそう」
「ファンベースでの開店計画ならある程度は来客を見込めるだろう」(※つまり立地は多少悪くてもok:費用が下がる)
「そもそも実業としての利益なんて重視してないからコスパ良いサービスさえ提供できれば存続はできるだろう」
「その基盤となるyoutubeチャンネルを育てよう」



みたいな論理の流れでできあがってるんですよね。


まあ、そもそも僕はこの日本という国と人種をあまり好いてない(※あくまでも主観的なデータに基づく話です)んですが、海外逃亡しない理由が、自分の中での「日本」という国、および労働環境の評価があまりにも低すぎて逆にチャンスに見えてしまってるので居座り続けてます。

まあ海外について知ってるワケでもないんですけど、まあ日本でできることがあるならやりきってから高飛び計画立てようかなと。心残りがあると博打打てませんからね(笑)



というのを踏まえると、やっぱりこのヘンなお酒飲んでみたい!って思えるような動画作りを目指さなくてはなりません。そこがヒジョーにむずかしい。
自分の個性であるお酒、をメインテーマにしつつ、ぼんやりと見れる動画にするにはどうしたらいいか、という話になります。


単にお酒を「紹介」するだけだと堅苦しい。なにか手はないものかと。
もちろん、それを叶えるために、いわゆるネタ動画というのがあるんですが、ふつうの動画でもなんとかして、単なるお勉強番組にならないようにするにはどうしたらいいのか・・・・・・という台本の書き方を考えているところです。



例えば、直近だと「ヒプノティック」とか「シェリー」あたりの撮影を考えてるんですが、これをどんな風に作っていくか、ですよ。
例えばヒプノティックでしたら、まずなんか一品作って、その後ヒプノティックそのものを紹介して、もう一品なんか作る・・・・・・というテンプレまでは用意してるんですけど、それをどういう風に喋っていけば「見たくなる動画」になるんだ?という疑問が永遠に解決できません。まあ解決できたらこんな話何回も長ったらしく書くハメにならないんですけど



たぶん、「一般的な視聴者層」はそーいう「お勉強」とか「ただ素人が飲んでるだけ」みたいなのは求めてないと思うし、ボクだって例えば割り方が知りたいという「目的意識」がないと見ないですあんな動画。
じゃあそこに何を加えるか、どういう「個性」を加えるかです。「この人の動画なら見てみたい」と思えるようにするための「チャンネルカラー」作りです。


例えばハクノさんの動画であれば、実際その紹介するお酒にフォーカスして動画見てる層ってそんないないんじゃないかなと思います。あの「軽快なトーク」に魅せられて動画を見てる層がきっと過半数だと思ってます。
そういった「独特の強み」というのをチャンネルカラーとして用意しないと、僕のチャンネルは生きていけないと思うんです。

他の例でいうとyotoさんだったら、なんか「なんかよくわからんけど、すげーしお洒落っぽい」雰囲気だけを楽しむ層もいると思うし、つっちーさんのチャンネルだと「お客さんとして一緒に飲んでる感」を楽しんでる層もいそうです。そういうことです。
対して僕が持つ武器とはなんだという話になります。付け加えると素人ならではの良さというのを探さねばなりません。



あるいは、こういった「飲み方」動画は「飲み方」動画として、あるていど新規視聴者の獲得は諦めて、新規視聴者の獲得はネタ動画で狙うという考え方もありますね。

そう、一時期コント動画をメインにしようと思った時があったんですけど、それがうまくいかなかった理由って、やっぱネタ考えながら思ったんですけど、複数のカクテルをいい感じに登場されるの、台本も難しいし味の感想もいいづらいし、スピード感も怪しいし・・・・・・と、まあ要するに台本が非常に書きづらいことに気づいたんですよね。



ただ、リキュールそのものを紹介する動画は、あくまでも「そのリキュールについて知ってみたい人向け」に撮ることを意識し、チャンネルに興味を持ってもらう段階の人には「ネタ動画」を見てもらいたい、と。そういう棲み分けをしたら台本も書きやすいのかなと思うワケです。



でまあ、ネタ動画ってひとくちに言ってもいろんな切り口があるワケです。
やっぱチャンネルのテーマである「酒」をなんとかして絡ませようとすると、パッと思いつくのが「料理」なんですよね・・・・・・。
じゃあ興味そそられる「ネタ料理」ってなんだ?みたいな話になってきます。


僕はなんでもかんでも酒を入れればいいってワケでもないと思ってて、ある程度の「正当性」がないと面白くなさそうに見えると思うんですよ。
例えば、「ウイスキーで親子丼作ってみたwwwwwwww」みたいな動画って、やっぱ企画としてパンチが弱そうに見えるんですよね。似たような企画で「日本酒で鍋作ってみた」みたいな動画作る予定はあるんですけど、こちらはそもそも日本酒を使う「美酒鍋」というレシピがあることから正当性が増すワケです。


ゲテモノ料理を作ってマズい、っていう流れの動画は「言われてみればワンチャンあるかも」と思わせられる正当性があるからこそ面白いのであって「踏む前からわかる地雷」ではないワケです。





なんか話がだんだん脱線してきた気がしますね・・・・・・いつのまにか「企画」の話になってる・・・・・・(笑)
とはいえ、実際僕のチャンネルってまず「企画」の時点でそもそも弱いのが課題になってて、それを解決できそうな案をこれからいくつか出していく予定ではあります。
でも、自分のチャンネルが「継続的に見たいと思えるチャンネル」たりえると自分で思えるような動画の作りが果たしてできるかどうかは、未だ疑問が拭えない・・・・・・。



ということで明日の記事も似たような話しようかなと思います。長くなったので今日はこのへんで。

2021.1.20
小ボケを入れる、という話




こんな動画あげました。

この動画はほぼ全てのセリフが台本で固められてるっていう回ですね。
まあ相変わらず自分の動画に足りない「魅力」はなにかというのを探してる最中なワケですけど、この動画ではとにかく小ネタを挟むというのを意識してみた・・・・・・


んですが、どーなんでしょうねえ。自分のギャグセンのなさを感じますね

似たような話を明日の記事でもする予定なんですけど、これどーなんですかねと。



まず前提として、ぼくはアドリブで「面白いこと」は言えない人間だなというのは痛感しています。

で、youtubeで再生数を伸ばす・・・・・・というよりもファンを獲得するという観点で言うと、この前購入したnoteにも書いてあったんですが、youtubeというのは暇な人がだらだら見るようなコンテンツがウケるんですよ。つまりそういう方向に舵を切るべきなんですよね。
で、じゃあ暇な人がだらだら見たくなるようにするにはどうしたらいいか、というのを考えます。僕は何を見せられるか、ってことですね。そのためにいろいろ模索中って感じなのですが、その一環として生まれたのがこの動画だった、って感じでございます。


・・・・・・さて、アドリブで小ネタを挟むことができないので、すべて台本で固めたワケですが・・・・・・まあ方針自体はいいとは思うんですが、いかんせん僕のセンスが弱すぎてあんま笑えない気がするってのが懸念点ですね・・・・・・。
なんか、どことなく自分に合ってない感を感じてしまう・・・・・・ぐぬぬ・・・・・・。



つまり何が言えるかっていうと、この路線を突き進めたとしてもどうしてもハクノさんの劣化になるので、もちろん多少はインスパイアしつつももう少し自分に合った路線というのを見つけなくてはならないなと痛感するばかりです。



あ、ちなみに今回の動画ではドールちゃんへの声の吹き込みはやってないんですけど毎回挿し込むのも違うかなという考えに基づいてのものです。
基本的にはツッコミ役なので、ツッコミ役を必要とするような動画で活躍させてあげたいなあと思ってます。はい。



ちょっとしばらくまた悶々とする記事を書き続けると思いますが、ご容赦くだせえ( ˇ-ˇ )笑






あ、そうそう、あとこの動画、普段よりちょっと短いんですけど、なんでかっていうと実はこの動画前に撮った動画が長すぎたので撮り直してるんですよね。
とりあえずカクテル2品に絞って動画作ってみるとどーなんだろう、って思って撮ってみたんですけど、やっぱこれぐらいの長さだと圧倒的に編集がラクですね。
まあもともとセリフ全部が台本化されてたのでカットが少なかったってのもあるかもですけど・・・・・・


今後はなるべくこれぐらいの長さを意識して動画作ろうかなーと思ってます。まじでコストと見合ってない作業量に毎回苦しめられてたんで・・・・・・。
内容削りすぎてもスカスカになるのが難しいとこなんですけどね、こーいうコンテンツって・・・・・・。

2021.1.19
自分の目線を信じる、という強さ【FX日誌#55】

なぜだ・・・・・・連敗に連敗を重ねている・・・・・・また勝てなくなった・・・・・・。



ということで反省会というか、自分のトレード手法のブラッシュアップですね。まあサンプルがある分やりやすくなりました実際。




さて、まずはコミュニティに倣ってコピートレードをしているのに関しては、現状は含み益出てるんですがなぜか僕のトレードだけ一旦損切りさせられてるんですよね。
同じチャートを見ていて、なぜ違った結果が出るのか・・・・・・という、考え方を検証していこうかなと。



でまあ、どういうことかっていうと・・・・・・





動きとしては、日足のトレンドラインがレジサポ転換を起こし、水平線にタッチしたと思えば下落してって死んだ・・・・・・って感じなんですが、ここでの正解ムーブは再びトレンドラインにタッチした時にナンピン買いが最もいいトレードだったようですね。

で、ここで僕の思考から落ちてたものとしては過去のトレンドラインが意識される可能性です。


そう、この「トレンドラインをブレイクした」という事実自体はまだ否定されていないので、それを根拠に入ったのならば損切り撤退するべきではなかった、ということになります。
そのシナリオまで頭に入ってなかったのでこれは僕の負けです。仕方ありません。




あともっといえば、この4時間足のトレンドライン、および各種EMAに反応しての上昇ともとれますね。これは激アツポイントだったのになぜ見落としてしまったんだろう・・・・・・。


もちろん、これが起きた当初は普通に寝てて見てなかったワケですが、ラインが引けてれば、ある程度予想はできたはずなんですよね。悔しいですね。



あともう一個むかつくトレードがあったので紹介します(笑)





これは自分で入ったトレードなんですが、この三角持ち合いを観測し、最初は上がってくれた方がオイシイということで買いで入り、持ち合いを下抜けたところをドテンした、っていうトレードですね。まあここまでは良かったんですが、その後寝る前にとりあえずの逆指値をピボットのちょっと上あたりに置いたんですよね。

根拠が割とはっきりしてるトレードだったし、今回意識されるのは下降トレンドラインの方か、ということでそれを超えたところに置いてたワケなんですが、結果を見てみると上昇トレンドラインにタッチして反転してるというのが観測できますよね。
このヒゲが逆指値に当たって決済されてしまったせいで、このトレードは本来勝てたのに負けてしまった、って感じです。


今までも何回か、本来勝ててたトレードなのになぜか損切りさせられたっていうパターンは多かったと思うんですけど、もしかするとこういう場面に僕は延々とやられてたんじゃないか・・・・・・?って思うようになってきましたね。





例えばドルインデックスなんかも、過去の三角持ち合いで発生したラインの反応を試したりしてますしね。



なるほどなあ・・・・・・って感じです。



とりあえず、三角持ち合いが出てきた時、そのトレンドラインの賞味期限が本当の意味で切れるまでは根拠として信じてあげなよ、っていう感じですね。勉強になりました( ˇ-ˇ )



>>もっと読みたい


Contents
日記
過去ログです。
旅行レポートなどもこちらに置いています。

音楽素材
RPGツクール向けの音楽素材です。
現在の素材数は187曲です。

Ptutor
プログラミング対面指導サービス

Fashion研究学Note
地雷を踏まないファッション研究学。低予算でディスられないファッションを目指します。

Instagram
カクテルの「ちょっとふざけたレビュー」。
写真素材
旅行中、無駄に撮った写真を素材として並べています。
現在2600枚ほど。
そのうち更新します。

Products
youtube(お酒カタログ)
僕のお酒紹介チャンネルです。登録オナシャス!笑
カクテルデータベース
古今東西のカクテルと、その評価をデータベースにしちゃいました(笑)
現在の登録数 ⇒
20歳が知りたい!お酒カタログ
お酒のまとめサイトです。鋭意執筆中・・・・・・。

Commnication
旧BBS
一応残しておきます。

Other

Author
twitterも気軽にフォローミー!おすすめはしない!笑
↓創作用アカウント(笑)